読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salesforce ガバナ制限まとめ

イシュー

参考

Salesforce 公式系

Salesforce Developers * Salesforce Limits

バッチの制限

An optional parameter scope. This parameter specifies the number of records to pass into the execute method. Use this parameter when you have many operations for each record being passed in and are running into governor limits. By limiting the number of records, you are limiting the operations per transaction. This value must be greater than zero. If the start method of the batch class returns a QueryLocator, the optional scope parameter of Database.executeBatch can have a maximum value of 2,000. If set to a higher value, Salesforce chunks the records returned by the QueryLocator into smaller batches of up to 2,000 records. If the start method of the batch class returns an iterable, the scope parameter value has no upper limit. However, if you use a high number, you can run into other limits.

オプションのパラメータのスコープ。このパラメータは、executeメソッドに渡すレコードの数を指定します。あなたは、各レコードの多くの操作は、渡されると、ガバナ制限に実行している必要があり、このパラメータを使用します。レコードの数を制限することにより、トランザクションあたりの操作を制限しています。この値は、ゼロより大きくなければなりません。バッチクラスのstartメソッドがQueryLocatorを返す場合、Database.executeBatchのオプションのスコープパラメータは、2000の最大値を持つことができます。高い値に設定すると、Salesforceは、最大2,000レコードの小さいバッチにQueryLocatorによって返されるレコードをチャンク。バッチクラスのstartメソッドは、反復可能なを返した場合、スコープパラメータの値には上限がありません。あなたが高い番号を使用する場合は、あなたは他の制限に実行することができます。

その他のサイト