読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salesforce でオブジェクトの削除に関するガバナ制限

イシュー

  • Salesforceでオブジェクトの削除に関するガバナ制限を調べる

参考

主従関係のレコードは10万件以上同時に消せない

参考

データローダで大量のデータを削除する際、主従関係や参照関係にある複数のオブジェクトにおいて、一回の処理で親レコードと同時に削除される子レコードが 10 万件以上ある場合は削除ができない制限があります。 これを避けるには、親-子-孫-ひ孫のようなオブジェクトリレーションがある場合、ひ孫、孫、子、親の順に削除してください。また、この制限にはごみ箱内のデータや、ごみ箱から削除された物理削除待ちのデータもカウントされます。

活動データは、Salesforceが1年でアーカイブするらしい

参考

デフォルトでは、レポートのパフォーマンス上の理由から、365 日を経過した活動レコードはアーカイブされます。 下記の条件を満たす活動はアーカイブされ、レポート、リストビュー、あるいは、検索で表示されません: 1. 期日からの経過日数が 365 日を上回る行動 2. 期日からの経過日数が 365 日を上回る、完了した ToDo 3. 作成日からの経過日数が 365 日を上回る、期日のない完了した ToDo はアーカイブされます 4. ロールのないユーザレコードは活動レポートに表示されません。ユーザにロールが割り当てられると、そのレコードはレポートに表示されます。